技術者でTOEIC800点以上を取って感じた仕事上のメリット2つ

英語 雑記

Fishです。

技術者(エンジニア)の皆さん、英語勉強のモチベーションをどのように維持されていますか?

この記事を読まれている方は、もしかしたら

「なんとなく勉強を始めたけど。技術者が英語を習得出来て、、どんなメリットがあるのか?」

と思っていませんか?(私は勉強をするまで思っていました。)

よく聞く話で、TOEIC800点あると、技術者で差別化できる!なんて情報も見ます。

私の場合、「キャリアアップでグローバルメーカーに転職したい!」と思い英語の勉強を始め、TOEIC550点から3ヶ月で805点までスコアアップをさせ、無事キャリアアップできました、機械設計のエンジニアです。

(895点まで学習を継続)

そんな理由で英語勉強をスタートしたため仕事でのメリットは副次的なものでしたが、

「英語できてよかったぁ」

と感じる場面は未だに多いです。

今回は、そんな、私が超主観で思ったメリットをお伝えして皆さんのモチベーションに1mmでも貢献出来たらいいなと思います。

ズバリ、英語での情報収集キャリアアップのしやすさ!ここが良いところですね。

順番に説明していきます。

この記事を読んでほしい人

  • 技術者で英語始めたはいいけど、モチベーションが出にくいという方
  • 技術者が英語を活用って、コミュニケーション以外に想像できんという方

1.英語を使った情報収集ができる

これは、技術者にとって非常に大きなメリットです。

海外顧客・協力会社とのコミュニケーションが可能になる点は後で触れますが、

英語を読み・聴きできることで、技術情報に触れられる範囲がグッと広がります。(広がりました。)

800点を超えるスコアレベルになると一定のリーディング能力とリスニング能力は身につきますよね。

仮にTOEIC対策の成果であったとしても、その実力は大きく変わらないと思います。

800点になるとテクニックだけではなく、例えばリーディングパートを最後まで解き切る(塗り絵にならない)といった最低限の英語能力は必須だからです。

そして、その最低限の英語力があれば、顧客の要求仕様書や海外サプライヤからの提案書、仕様書なども理解することが出来ます。

・・・ここまではよくある話ですよね。

しかし、更に私の超主観で感じた読み・聴きのメリットを上げると、

  • 統計情報など海外データにアクセスしやすくなる
  • 海外の技術系Youtubeが字幕なしで理解できるようになる

です。

これは、しっくり来る方は少ないかもしれませんが、

技術系のお仕事をしていると、ジワジワと、実感できるようになります。

・統計情報は英語だと、とても探しやすい

なんて言ったって、インターネット上の情報量は、日本語と英語で10倍の差があります。

下記のStatistaのデータによると、インターネット上の情報の54.4%が英語で、日本語は5%です。

「意外と日本語多いやん」と思ってしまいますが、その差はまさに桁が違います。

With almost 55 percent of the top 10 million sites on the web in English, one language dominates with a vast majority. 

Statista

(この統計サイトStatistaもたまに使います。いろいろな統計データが保管されています。)

仕事で統計情報を使う方は少ないかもしれませんが、ゼロから製品を作り上げる場合や、製品企画まで行う場合は、海外のデータを必要とする場面も出てきますね。

私は、企画をする際にとても重宝しました。

・海外の技術系Youtubeが字幕なしで理解できるようになる

これも、今の時点でピンと来る方、少ないかもしれません。。。

あえて断言します。あなたが何か量産している製品があったとします。その製品、絶対に分解や解説された動画がYoutubeにあります。

しかし、私は仕事で「この技術・製品の仕組みってどうなんてんの?」と調べ物をしたい場合、大概の場合はまずYoutubeで動画を探します。(いいのか悪いのかは置いておいて)

なぜなら、いろんなひとが、(英語で)解説動画を上げてくれているから!

例えば「ロケットエンジン」に関して、仕組みを知りたいと思った、とします。

ざっと、推進力を得る原理などを知りたい場合に、いちいちネット記事や文献を読むの面倒だと思いませんか。

Youtubeにおいて、日本語で【ロケットエンジン 仕組み】と検索してみましょう。

すると、、、

まぁ、ロケットの製造に関連するような三菱重工がヒットしますし、3件目には「ジェットエンジン」になっちゃってますね。

しかし、これを英語で【how works rocket engine】と検索すると、

このような形で、一般化されわかりやすい「ロケット」に関する説明アニメーション動画がヒットします。

私

しかも数百万回再生されてる。

こういった動画、仕事関係なく永遠に見てしまいますね。

自動車メーカーテスラのバッテリー分解動画なんかもありますね。

つまり、動画でいろいろな技術情報が、英語を使えば習得できる!というお話です。

2.海外案件を任せてもらえる=キャリアアップに繋がりやすい

こちらも想像は付きやすいと思います。

実体験として、私はキャリアアップのしやすさを肌で感じています。(今はまだ平社員ですが)

私は前職・現職ともにいわゆる数万人規模の従業員のいる大手メーカーで勤務していますが、技術職で英語ができると、海外案件を担当する確率が高くなります。

そして、日本メーカーが海外とやり取りする場合、案件の規模が大型になりやすい。(越境する必要があるため、案件の粒が大きくなる)

そして、この海外案件の経験or海外駐在の経験は、昇格への影響大です

現職・前職の中で、私の頭に浮かぶ20人弱の課長(マネージャー)以上の人は、漏れなく海外経験があります。

※私の場合、所属部門が機械設計で特殊かもしれませんが、グローバル展開する製造業であれば、どの企業もそうじゃないかなと思います。

現職では、TOEICを半年に一回受ける仕組みがありますが、800点を超えると永久スコアと呼ばれ定期受験の必要がなくなります。

そしてこのスコアを取ることを、”免許をもつ”なんて言ったりしています。

つまり、TOEICスコアを海外案件を担当できる免許のように捉えているんですね。

私

実際にはそこまで多くの人が800点を超えているわけなく。。。免許ない人が多いです。よって、定量的にみて、目立つ人材になれるわけです。

つまり、800点レベルに到達すると、他のメンバと比較して間違いなく優位に立てます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やっぱり、英語ができると、技術者といえど、

  • 情報収集の範囲が大きく増える(約10倍になる)
  • キャリアアップに繋がりやすい

という普遍的なメリットを受けられます。

つまり技術者でも英語をやっておいて損はない、ということをご理解いただけると思います。

安心して勉強をすすめましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました